Page language:
Japanese

欧州委員会、グリーンで公正な成長のため、貿易協定に対する新たな方針を発表

EU News 132/2022

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は22日、欧州連合(EU)の貿易をよりグリーン、より公正およびより持続可能なものにするために大きな一歩を踏み出した。欧州委員会は、EUの貿易協定における世界中の気候、環境および労働権の保護への貢献を高めるための新たな計画を発表した。「貿易連携の力ーーグリーンかつ公正な経済成長に向けて」と題したコミュニケーション(政策文書)の中で欧州委員会は、EUが締結する貿易協定における貿易および持続可能な開発(TSD)に関する章の強化方法を提案した。

EUが現代に入って締結した全ての貿易協定には、締結相手との間で合意された、大まかなコミットメントを伴う、貿易および持続可能な開発に関する章を盛り込んでいる。本日のコミュニケーションは、より強力な実行・執行力を伴う、国際的枠組みや基準に基づく、関与を中心とした、現行のTSDへのアプローチの効果をさらに高めるための政策上の優先事項や主要行動を示している。今般提案された新たなアプローチは特に、中核的なTSD条項の違反に対し、貿易上の制裁措置の適用が含まれた。このアプローチは、将来および現在進められている貿易交渉に適宜適用される。