欧州委員会、モルドバへのマクロ財政支援を最大1億4,500万ユーロ増やすことを提案

EU News 008/2023

<日本語仮抄訳>

欧州委員会は本日、モルドバに対して現在実施しているマクロ財政支援(MFA)を最大1億4,500万ユーロ増額し、同国に対する同支援総額を最大2億9,500万ユーロとすることを提案した。この提案により、欧州委員会は、モルドバが自国の改革を続ける一方で、ロシアのウクライナに対する侵略戦争の影響に直面し、エネルギー危機と闘い、ウクライナからの多数の難民を受け入れる中、同国に寄り添う姿勢を示す。本日の提案は、ウルズラ・フォン・デア・ライエン欧州委員会委員長が2022年11月にモルドバの首都キシナウで行った、同国への追加財政支援に関する発表を受けたものである。

今般の追加支援は、ロシアのウクライナ侵攻の影響に加え、2021年10月から続く深刻なエネルギー危機によって経済が大きな打撃を受けているモルドバに対し、さらなる支援を提供することを目的としている。

 

EUについてさらに知りたい場合は、日本語のオンラインマガジン『EU MAG』をご覧下さい。